読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Front Plate ~ 微速前進

日常を言葉にするためのブログ

長門有希ちゃんの消失【アニメ】

 

 怒とうの感想投稿。

なぜかipadに入れていたので見だしたら一週間程で見終わったので感想を。

 

まず、そもそも世界観や設定の下調べ無しに見だしたのでハルヒのようなSF要素もあるのか?無いのか?ってところからでした。

見だしたら、普通のラブコメだったので疲れた体への清涼剤のごとくゴクゴクと採取した次第です。

いちおメインの話は12~14話くらいの部分だったのかな?しかしあそこだけSFぽくなっててちょっと浮いてたなというのも正直な気持ちですね。物語上でハルヒ世界線っぽい長門をあそこで出す意味ってあんま無い気がするんよね。あれがあったから長門有希ちゃんがどう変わったわけでもなく。キョンがもんもんとするだけの仕掛けだったのはうーむといったところでした。

ただそれ以上に、朝倉、鶴屋さんを入れた文化部のメンツが楽しくワイワイやるのははるか昔のハルヒを思い起こし懐かしく楽しむことができました。結局原作は完結してないんよな?どうにか完結させてほしいなー。

見終わった後wikiで見たら原作を全部消化したわけではないわけやけど続編はやるんかなー。やったらいちお見るかなというところ。

ハルヒを違う世界線でやり直した本作品。ハルヒを知ってる人なら楽しめるけど、知らない人にはちょっと伝わりにくい作品かなと思いました。

ただ何にせよ、心の清涼剤にはなったので疲れた社会人がご飯のお供ににやにやしながら見るにはちょうど良い!